ビデオギャンブルの進化ともたらしてきた“中毒性”

一昔前とはギャンブル業界も大きく姿を変えてきている。賭博状に足を運んで、暗い部屋の中で賭け事に興じるというイメージはもう大昔の様にも感じるようになりました。今となっては、自宅でも画面を通じて本当にビデオゲームをプレイしている様な気軽さでギャンブルが出来る様な環境が整いました。この手軽さの魅力と共に、それが原因で生じる諸問題について本日はご紹介して行こう思います。

遂げてきた進化の歴史

進化の話において重要なのが、技術の進歩でしょう。ちょうど100年近く前に人類はブラウン管を開発しました。このブラウン管の発明こそが、人類にとっても、今後のギャンブル業界の流れにも多大な影響を及ぼしました。数多くの研究者達が太古の昔から賭け事が存在していたと唱えています。そして、ブラウン管の発明から今度はスクリーンが派生していき、ギャンブルをより魅力的でエキサイティングな存在へと進化させていったのです。カジノにある巨大なスクリーンは映画館のように人々を次々を呼び付けることのできるビッグビジネスへと進化をとげてきたのです。

行き過ぎた没入感

ギャンブルに依存する大きな理由は二つ挙げられます。一つは、お金を稼げる喜び味わってしまった事による“金銭的理由”。そして、二つ目が“ゲームの没入感”にあります。多くの専門家が、この二つ目の理由というのが金銭的な物よりも大きな問題であると示唆しています。

大前提として、ギャンブルは負ける人がほとんどです。それでも、そこで辞めずに中毒にまでなってしまうという事は、単純のゲームが良く出来過ぎておりプレイが楽しくて辞められないのです。家でも気軽に出来るという謳い文句でプレイやーの門戸を広げ、多くの人が簡単に、そして楽しくプレイできてしまうということがギャンブル依存症患者の人口の増加に大きく寄与しているのです。

カジノ業界においても、いかにお客さんに長くお店にいてもらえるのかという事を考えてデザインしています。より多くのお金を使ってもらう為には、サクッと遊んでサクッと帰られてはビジネスになりませんからね。カジノの取り組みとしては例えば、

・座り心地の良いイスの設置

・立ちながらもくつろげる肘掛け 

・照明設備

・敷地内ですべたが完結する飲食店やお土産ショップの導入

・絶妙なBGMの選択(時に落ち着く様な、そして時には興奮させる様な上手な選曲)

などが挙げられます。

大企業間との太い連携

カジノの様なビックビジネスと上手く付き合いながら商売をしていくことでお互いにとっても大きな利益となり得ます。広告会社や電気会社などを始めとする数々の大企業がカジノをPRし多くの人に認知度を広めました。今の様なインターネットのオンラインカジノなどが台頭してきている時代でも同じであり、カジノ業界との連携により専門的な知識や情報を手に入れる事が出来、ビジネスの速度を飛躍的にアップする事が出来るのです。

そんな双方の利益の為に、多くの一般市民の方はお金を失ったり、中毒にもなってしまうというのはどこか皮肉な面もありますが、楽しんでギャンブルをしている人が減らない以上、個人とカジノ業界に利害関係もまたしっかりと一致しているのかも知れません。

では、解決策はあるのか?

では、深刻な問題になりつつあるこのギャンブル依存症は、果たして取り除く方法は無いのでしょうか?私の個人的な見解にはなりますが、別にギャンブル依存症でも良いのでは無いか?いう感じです。人は何事にも依存します。甘いもの、お酒、タバコ、これら全ての物に対しての依存を克服する方法はあるか?と考えた時、答えは“イエス”です。ただ、結局は本人が好きでやっている以上、必要以上に世間が大きく取り上げる問題では無い気もするのです。

依存症にならずに、“趣味”で留めておく程度に収める有効な方法と言われているのはセルフコントロールでしかありません。賭け金を制限するようにする、カジノに行く時間、回数を決める、違う趣味を見つける、など結局はセラピストに相談しに行っても、あなたの行動を制御できるのは自分次第なのです。「行動の制限・我慢はできる。やり方や、気の持ち方などのアドバイスが欲しい!」と強く願う人は、専門のセラピストさんに話を聞きに行って、リハビリに励むというのであれば、もしかしたら最善の解決策になり得るかも知れません。全ては自分次第ですが、愛する家族や恋人に迷惑をかけてまでギャンブルにのめり込む様な事態にだけはならないようにしましょう!